ダフる原因は右肩にある。

images

こんにちは。安田です。
今日は、【ダフリ】についてお話していきたいと思います。
◆ダフる原因は?

ダフる原因は多々あると言われていますが
その中でも一番の原因は右肩です。

右肩がインパクトで下がってしまうと
ボールの手前でクラブが地面にあたってしまい、
ダフリを発生させてしまうのです。

特にアマチュアゴルファーは腰を回していない
方が多いのでその分肩が上下に動いてしまい
右肩が下がってしまうのです。
ではどうしたら右肩が下がらずにスイングできるのでしょうか?


◆肩は上下ではなく左右に回す

肩を正しいく回すことができれば
右肩が下がることがなくなります。

では正しい回し方とは?

それが左右に回す。ということです。
直立した状態で肩を左右に回してみてください。

…簡単にできますよね!

それでは、前傾姿勢をして(構えた状態)
同じように肩を回してみてください。
いかがでしょうか?

簡単にできたと思います。

これが肩の回し方です。

しかし、いざボールを打とうとすると
肩が回らず上下に動いてしまうことがあります。

そうなった場合はひたすら素振りで
体に覚えさせるのです。

徐々に体が慣れてきて方が左右にしっかりと回るようになります。


◆ボールは打たないでください。
肩が上下に動いてしまうのはいわば癖です。
そして癖を治すときに重要なのがボールを打たないこと。
ボールを打とうとするとそっちに意識が持っていかれるので
肩を意識できなくなります。

そうなると一生治りません(^^;

なので癖が強い方は特に最初はボールを打たずに
徹底して素振りをしてください。

練習場で練習をする場合も
10回素振りをして1球打つ。

といった具合にして
とにかく素振り
これを意識して下さい。

回りくどいように思われるのですが
この方法が結局一番早く上達します。

これは私自身もそうでしたし
過去、3000名以上の生徒さんをレッスンしてきた経験則です。

この方法でダフリを大きく改善できるのでぜひトライしてみてください。

◇コメント欄◇