ゴルフの間違った常識【構えた時のフェースの向き編】フェースを真っ直ぐにかまえうるのは間違い?

今回は『ゴルフの間違った常識シリーズ』です☆

第2弾は【構えた時のフェースの向き編】
構えたときにフェースを真っ直ぐにしなければいけない。
閉じてはいけない、開いてはいけないと多くの方は言われてきたと思います。
もちろん正しい部分もあるのですが、全てが合っているのかと言うと少し違います。

昔では常識だったことでも、今となっては間違っていたなんて話も珍しくありません。

また、言葉足らずの為に勘違いをさせてしまったりして、変なクセが付いてしまって、ミスの出やすいスイングのままフォームが固まってしまうこともよくあります!

頑張って練習をしているのに、この『間違った常識』によって、逆にスイングを崩してしまうというのは、非常に悲しいですよね….

分かりやすく、レッスン動画にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください

ゴルフの間違った常識【構えた時のフェースの向き編】フェースを真っ直ぐにかまえうるのは間違い?☆

◇コメント欄◇